可能であれば、なんとか

弁護士に債務整理の相談をすることをおススメします。持ちろん、司法書士でも債務整理は可能ですが、債務額が1社あたり140万円以上の場合は関われないと、法律で明記されているからです。その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、裁判では有利に働く可能性があります。もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば債務整理手つづきを初めたその日に法律的に取り立てから解放されることも期待出来ます。
借金が全部なくなるのが自己破産の制度となるのです。借金で苦しんでいる人には嬉しいものではないでしょうか。ただし、メリットばかりではありません。当然、デメリットもあります。

車や家といった財産は全部手放してしまわなければいけません。
さらに、およそ10年はブラックリストに登録されてしまう為、新しい借金はできなくなります。最近では任意整理をするときは、手つづき開始から債権者と和解に至るまで、司法書士や弁護士事務所などにあらかじめ決められた金額を積み立てていくことが多いです。これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。
任意整理を開始すると債権回収業者や金融機関への支払いが一時的に保留されるので、浮いた分を積み立てておき、和解が済んでからの司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。

どのような債務整理であれ手つづきすれば、個人信用情報に何年間は保持されます。情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

具体的に言うと、銀行や信販系など個人信用情報と切っても切り離せない業界に勤めようとする場合がそれに該当します。

借金の整理をし立という記録が残っていれば、状況次第ではそれが元で不合格にする可能性も否定できません。お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、運に頼るしかありません。
借金 払えない どうなる